“インスタント・シニア”は、加齢にともなう身体機能の低下や心理的変化を自らが高齢者になり実感し理解することにより高齢者にやさしい環境・社会作りを意識すると共に思いやりの心を育てることのできる教育プログラムです。
 既に福祉団体、大学及び専門学校、企業の商品開発・デザイナー、顧客サービスに関わる企業などあらゆる業種で採用され、対策・改善に生かされ大変好評を得ております。
 本プログラムの実施にあたっては正しく、より理解を深め、かつ安全性のため日本ウエルエージング協会認定のインストラクターによって実施することを基本としております。そのためのインストラクターの養成講座を定期的に行っています。
 団体内に資格を持ったインストラクターがいることにより、組織内で目的に応じて計画的に継続して行えるという利点があり効率的でもあります。
 この機会に高齢者擬似体験プログラムについてご理解をいただき、インストラクターの養成講座への参加をご検討いただければとご案内いたします。

 講座は個人作業、グループ討議、講義の組み合わせにより行います。

 「高齢者の身体機能の加齢変化」
 「感覚・心理・人格の加齢変化」

・インスタント・シニアの開発経緯
・インスタント・シニアの社会的意義
・インスタント・シニア体験
・体験器具の説明
・プログラムの組み立てと時間配分
・体験用の課題作成とそのポイント
・プレゼンテーションの方法(効果的な動機づけ)

・カリキュラム修了時に日本ウエルエージング協会資格認定証を手交します。